■プログラムディレクター
高瀬 輝仁(アントニー)
「アドベンチャーキッズスクール」 事業本部
パワーズ・アウトドアエデュケーション 
                                    事業部ディレクター
学生時代から(財)青少年野外教育財団にて、長年、子どものための自然体験学校の指導スタッフとして活躍。家業の食料品店を経て、(財)日本アウトワード・バウンド協会で冒険教育長期プロ養成トレーニングを修了。子どもから青年までの数々の冒険教育、野外教育プログラムを指導してきました。現在、パワーズ・アウトドアエデュケーションディレクター。アドベンチャーキッズスクール装備担当。子ども達からは、「アントニー」の愛称で親しまれています。1976年1月生。42歳。2018年度:リトルコース、キッズコース、ミドルコース、ジュニアコース、チャレンジ隊 スタッフ
■ミドル、ジュニア、チャレンジ隊ディレクター
・校長   萩原 正利(ハギ)
「アドベンチャーキッズスクール」校長、実行委員長
パワーズ・アウトドアエデュケーション代表
元商社マン。イギリスに本校のある世界的冒険教育、体験学習機関アウトワード・バウンド・スクール(OBS)で長期のプロトレーニングを修了。OBSインストラクターとして、様々な冒険教育、野外教育プログラムを指導。その後、北海道にある(財)青少年野外教育財団で事業部チーフディレクターとして、年長、小・中学生の野外教育プログラムをはじめ、指導者養成、企業研修に至るまで、様々な場面で指導してきました。2003年に野外体験学習事務所 パワーズ・アウトドアエデュケーションを設立、アドベンチャーキッズスクールを開校。スクールディレクター、プログラムディレクターを務めます。子どもたちからは、「ハギ」の愛称で親しまれています。過去には、北海道知床半島 羅臼町教育委員会「知床野外体験指導者アカデミー」主任講師、(財)青少年野外教育財団研究員等を務めてきました。1972年1月生まれ。46歳。指導暦は21年(非常勤1年、常勤職員20年)です。
2018年度:ミドルコース、ジュニアコース、チャレンジ隊ディレクター、リトルコース、キッズコース コース管理
■リトル、キッズコースディレクター・副校長
谷口 浩子(あまゾン)
「アドベンチャーキッズスクール」 副校長・事業本部
パワーズ・アウトドアエデュケーション
                      事業部チーフディレクター
アウトワード・バウンド・スクールで冒険教育を学び、(財)青少年野外教育財団でディレクターとして勤務。登校拒否児童生徒対応プログラムをはじめ、年長、小、中学生のプログラム、環境教育プログラム、指導者養成プログラム、海外プログラムを指導。現在、パワーズ・アウトドアエデュケーション チーフディレクター。アドベンチャーキッズスクール副校長。事務局担当。「あまゾン」の愛称で親しまれています。過去には、(財)青少年野外教育財団研究員、国立曽爾少年自然の家 冒険教育アドバイザー、国立淡路青年の家指導者養成講師、南淡町教育委員会 通学合宿アドバイザー等を務めて来ました。1972年6月生まれ。2児の母。今年で、45歳。指導暦は21年(非常勤1年、常勤職員20年)です。
2018年度:リトルコース、キッズコース ディレクター、ミドルコース、ジュニアコース、チャレンジ隊 スタッフ
  
詳しくは、「通年コース」パンフレットをご請求下さい。(tel、fax、Eメール、パンフレット・お問い合わせフォームにてご連絡ください) 
その他、オプショナルプログラム(毎回募集のプログラム)、シーズンプロジェクト(夏、冬、春休みプログラム)もございます。  
>オプショナルプログラム


【お申し込み・お問い合わせ】
       
お電話ほか、E−MAILフォーム、FAXでのお申し込みが可能です。1)参加コース名 2)お子様のお名前 3)学年 4)ご住所 5)お電話番号をお送り下さい。

子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」実行委員会 大阪事務局
 〒573-0071 大阪府枚方市茄子作1丁目41番23号 野外体験学習事務所パワーズ・アウトドアエデュケーション内

 TEL 072-854-2681   FAX専用  050−3737−1157
 E-MAIL    info-powers@office.nifty.jp

「アドベンチャーキッズスクール」実行委員会は、大学、地域、民間、行政などの青少年教育関係者および、「子どもの未来を考える」有志の市民により、2003年に設立された
非営利の民間教育組織です。

    
●>>通年コース活動報告:2017年度2016年度 

大阪府知事登録旅行業第2−2510号 登録
(社)日本旅行業協会協力会員
※非営利民間事業所 野外体験学習事務所パワーズ・アウトドアエデュケーションは、主催する 子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」 の事業目的を実施するため、
   大阪府知事により、第2種旅行業(国内)の登録認可を受け、主催事業を実施しています。一般旅行を取扱う旅行会社と同じ業務ができますが、一般旅行の取扱は行なっていません。
※アドベンチャーキッズスクールは、枚方市近郊(枚方市、交野市、寝屋川市)や、その他大阪府地域(大阪市、高槻市、茨木市、
門真市、守口市、ほか)、京都府地域(京都市、京田辺市、ほか)の子ども達、小学生を中心に、年間計80本の自然体験プログラム、冒険体験を実施 しています。

お問合せ  TEL 072-854-2681
info-powers@office.nifty.jp
Copyright (C) 2003-2018 POWERs OutdoorEducation. All right reserved.


2018年度  募集要項(リトル、キッズ、ミドル、ジュニア、チャレンジ隊)      

■期  日
     2018年5月〜2019年3月  
■対  象
リトルコース      年 長〜小学1年生           20名限定(一般募集)  最小催行人数6名
キッズコース     小学2年生〜小学6年生       20名限定(一般募集)  最小催行人数6名    
ミドルコース      小学3年生〜小学6年生  (3年生以上はどなたでも参加できます。)             
                                 20名限定(一般募集)  最小催行人数6名      
ジュニアコース 通年コースに1期以上在籍した 小学3年生+小学4年生〜中学生
           (4年生以上はどなたでも参加できます。)   20名限定(一般募集)  最小催行人数6名   
チャレンジ隊   小学4年生〜中学生(※ジュニアコースを修了されたお子様)   
                                       18名限定    最小催行人数6名
■指  導
リトルコース、キッズコース
                       ディレクター/谷口 浩子(パワーズ・アウトドアエデュケーション チーフディレクター)
ミドルコース、ジュニアコース、チャレンジ隊
                       ディレクター/萩原 正利(パワーズ・アウトドアエデュケーション代表,スクールプロデューサー)

    (アシスタントディレクター/高瀬 輝仁(パワーズ・アウトドアエデュケーション ディレクター))

全コースともに、各班に野外教育の専門スタッフが付き、お子様の生活面から、活動面、宿泊面、精神的な成長まで、責任を持って見守ります。各コースともに、全体を統括するディレクター、各班を担当するカウンセラー、全体のサポートや急な病気等に対し対応を行う本部スタッフが同行し活動を行っていきます。
各コースともに原則、上記の専従職員である野外教育専門指導者3名全員が、いずれかの役割で入り、加えて野外教育指導者養成トレーニングを随時受けている指導者が、指導に入ります。   

■参加費 
各コースともに朝8:00〜17:00までお子様をお預かりします。※解散が17:00より遅くなる活動もあります。その際は事前に書面にてご案内致します。

リトルコース    53,840円+税
(税込58,148円   ※全8回、8日の活動の実費、集合から解散までの全ての費用、毎回の傷害保険料を含みます。 ※お弁当は持参)
キッズコース  67,110円+税 (税込72,479円   ※全8回、10日の活動の実費、集合から解散までの全ての費用、食費、宿泊費用、毎回の傷害保険料を含みます。お弁当は持参)  
ミドルコース   77,800円+税 (税込84,024円   ※全8回、11日の活動の実費、集合から解散までの全ての費用、食費、宿泊費用、毎回の傷害保険料を含みます。 (◎スキー3日分のスキーレンタル代、リフト代を含む。)(※お弁当は持参)

ジュニアコース 89,800円+税 (税込96,984円   ※全8回、13日の活動の実費、集合から解散までの全ての費用、食費、宿泊費用、毎回の傷害保険料を含みます。※お弁当は持参)
チャレンジ隊    99,800円+税 (税込107,784円   ※全7回、14日の活動の実費、集合から解散までの全ての費用、食費、宿泊費用、毎回の傷害保険料を含みます。※お弁当は持参)

※各活動で使用する特別な道具は、こちらでご用意致します。また、参加費以外に追加でのお支払いは一切ございません。
※別途入会や入会金、年会費等はありません。参加お申込み時に会員となり、傷害保険等の団体加入の対象者となります。
※コース参加費には、各コース毎回全日程分の傷害保険料を含みます
※ミドルコースのスキー活動の、3日間のスキーレンタル代、リフト代は、全て参加費に含まれます。(ウェア等衣類は除きます。)追加でのお支払いはございません。

※コース参加費のお支払は、一括もしくは、年四分割(5月、9月、12月、2月)支払いをお選び頂けます。四分割でのお支払いの場合も、参加費は同じ金額です。

※通年コースは、1年の通してのコースです。年度途中でのキャンセルによるコース参加費のご返金が出来ませんので予めご了承下さい。(止むを得ない事由を除きます。)
※欠席された場合は、各回につき2,000円を返金致します。
※ミドルコース第5回活動は、お昼集合、翌日お昼解散です。
※全コースともに、天候等によりプログラムの内容、スケジュール、会場が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

■集合解散:8:00 京阪線枚方市駅 中央改札口北側集合、17:00 京阪線枚方市駅 中央改札口北側解散
         ※活動により、若干解散時間が変更になる場合がございます。その際は事前に書面にてご案内致し
          ます。 
■その他:
締め切り 各コースともに、第1回目活動の前日19:00までです。


詳しい内容はパンフレットをご請求下さい。  ※お電話のほか、e-MAILフォーム、FAXにて承っております。

おかげさまで、16年。アドベンチャーキッズスクールは、「小さな自然学校」と、「可能性に気づく」をコンセプトに、2003年に、野外体験学習事務所パワーズアウトドアエデュケーションが開校した民間の自然体験学校です。
  
 "自然であそびながら、チャレンジし、気づいていく"
 
「アドベンチャーキッズスクール」では、"自然であそびながら、チャレンジし、気づいていく"という指導理念のもと、活動技術から安全面、精神面、生活面までお子様を責任を持ってお預かりしております。お子様方、ひとりひとりの可能性を引き出すため、お子様方の自主性を重んじ、指導者は援助役に徹します。
自然の中で遊びながら、挑戦し、経験から気づいていくこと、そして、今後、自分はどのようにありたいのか意志を持ち、それを現実に実現していくこと、を体験の大きな目標としています。
また、教育効果とお子様の安全を確保するため、
@ 1コース最大26名までの少人数制、 A 教育目標を明確に設定したプログラム、 B 野外教育専門専従スタッフ複数名での指導と、指導法の精選
を採用し、より充実した自然体験活動、冒険体験活動を可能にしています。


指導体制 安全指導
   各プログラムを総括するディレクター、各班を専属で担当するカウンセラー、全体をサポートする本部スタッフを配置し、プログラムが実施されます。ディレクター、カウンセラー、本部スタッフともに、いずれも、野外教育の指導者トレーニングを受けているものが指導致します。原則参加者最大26名定員に対し、前述でご紹介の、スクール専従職員である野外教育専門の指導者3名全員が、原則として全プログラムに入り、ディレクター、カウンセラー。本部スタッフ等を行っていくことで、安全性、効果を高めるよう努めています。3名に加えて、トレーニングを随時受けている者が指導に入ります。
かまくら、イグルー画像
   短い期間とはいえ、お子様を手離す保護者の皆様にとって、お子様の安全上の問題は、特に重要な事です。当「アドベンチャーキッズスクール」では、事前に現地下見、トライアルを十分に行い、安全上の問題について、スタッフで綿密なミーティングを行って、プログラムを実施しております。
また、プログラム実施前に提出していただく健康調査カードに基づいて準備し、各指導者が常にお子様一人一人の健康状態を把握した上で指導にあたります。
 また、最寄の医療機関とは常に連絡をとれる体制をしき、夜間や緊急の場合も、すぐ対応できるように万全を期しております。しかし、全ての危険を回避することは難しく、不慮の事故や病気に備えて、毎回の全ての活動に対して傷害保険に加入しております。(※毎回の活動の保険料は、参加費に含まれております。)
ミニスキー画像 自然の中での“だいぼうけん”!
そこには、経験からしか学べないものが、
たくさんかくれています。
それが、『アドベンチャーキッズスクール』です
                           通年コース>日帰り型>リルコース(年長〜1年生)キッズコース(2〜6年生)ミドルコース(3〜6年生)
                        宿泊+日帰り型>ジュニアコース(小3※、小4〜中3)チャレンジ隊(小4〜中3 ※
                           単発募集>日帰り、宿泊オプショナルプログラムシーズンプロジェクト
ミドルコース(小学生3年生〜6年生)  
日帰り型 自然の中で、みんなで、自分自身で、最後までやりきっていく挑戦、経験!〜
「ミドルコース」は、様々な自然の中での様々な活動に、みんなで、自分自身でおもいっきり挑戦し、やり遂げていく1年間です。お子様方の持つ子どもらしさ、そして、チャレンジスピリッツを思う存分発揮して頂き、挑戦を自らの力でやりきる経験から、豊かで、強く、たくましい気持ち、行動する力育んでいく1年間です。
2018.6月2 日(土) 11月3日(土)〜4日(日)
1.しおひがりに挑戦! 5.ヘッドランプハイクに挑戦!
春の海で、自然の海にすむ、おいしい貝を、自分で獲ってくるしおひがり!海が引き潮になったら、砂にもぐるアサリや貝達をさがせ!大漁めざして頑張るぞ!             

7月21日(土)            
ヘッドランプをつけて、夜の山に出発です!暗い道も何のその!夜景を見ながら、頂上めざして、どんどん進め!さぁ頂上で夜明けをむかえるぞ! 

1月20日(日)
2.海つりチャレンジ!! 6.スキーチャレンジ!(1)
サビキ釣りという海釣りに挑戦だ!ねらう獲物は、アジやサバ!釣りがはじめての人も大丈夫です!竿をセットして、さぁ、自分でいっぱい釣りあげるぞ!                           
                                         
8月25日(土)〜26日(日)
スキーに挑戦だ!スキーがはじめての人でも大丈夫です!まずは、ストップと連続ターンを身につける!スキーを自由自在に操れるようになったら、楽しいぞぉ!                  
                                       
2月9日(土)〜10日(日)
3.川あそびキャンプ! 7.スキー・チャレンジ!(2)
真夏の川あそびキャンプに挑戦です!すき通った水の中には、魚や川エビたちの姿!岩からのダイブに川流れ!川あそび!キャンプは、子ども達の力で挑戦だ!

9月24日(祝)
前回から続いて、スキーに挑戦です!さぁ、今度は、リフトにのって、山の上から長い距離にチャレンジ!2日間でレベルアップして、どんな斜面も、クリアだ!

3月10日(日)
4.はじめてのインドア・クライミング! 8.ロッコウサン・チャレンジ!!
人工のカベ、クライミングウォールをのぼるロッククライミング(インドアクライミング)をしてみましょう!さぁ、みんなは、どこまでのぼられるかな?!!
                                          
最後は関西の名山、有名な六甲山(931m)の登山に挑戦します!六甲山はとても大きな山!急な登りも岩場もこえ、山頂をめざそう!山の大きさに負けないぞ!!
                                          
※第6回、7回活動のスキーは、スキー経験、技術に応じた班、内容に、挑戦していきます。スキーが全くはじめての方も、はじめて班がありますので、大丈夫です。
※スキーの3日間のスキーレンタル代、リフト代は、全て参加費に含まれます。(ウェア等衣類は除きます。)追加でのお支払いはございません。
※第5回活動は、お昼集合、翌日お昼解散です。
 
リトルコース(保育園・幼稚園年長〜小学生1年生)  
日帰り型 みんなでしぜんのなかへでかけよう!心と体でワクワク・ドキドキ、心揺れる経験!
「リトルコース」は、身近な自然の中での、心揺れる“あそび”を通して、お子様方一人ひとりがやってみたいと想ったことを、自分でどんどんやってみる、見てみる、触れてみる1年間です。お子様方のもつ好奇心、創造力、挑戦心を育み、新しい発見、新しい経験、自信を積み重ねていきます。
2018.5月19(土) 11月10日(土)
1.いちごがりにでかけよう! 5.やまへのぼろう!
1年間いっしょに活動するおともだちと、いちごがりに出かけよう!畑のいちごをとってたべたり、畑のいきものや、カエルをさがしたり!さぁ、しぜんであそぼう!           

7月7日(土)            
みんなで、山のぼりにでかけます!坂道なんて、なんのその!がんばってのぼって、山のてっぺんへいってみよう!てっぺんからは、どんな景色がみえるかな?!             
                                       
12月8日(土)
2.うみあそびにでかけよう!! 6.トンネルたんけん!
およぐぐだけが海あそびではないよ!!砂浜にうちあげられた、貝がらをあつめたり、磯にかくれた小さな魚やヤドカリを探したり!海あそびは驚きと発見がいっぱい!さぁ、ライフジャケットつけてうみあそびにいくぞ〜!!                          
                                         
8月19日(日)
むかし電車がはしっていたせんろのあとをたどって、たんけんにでかけよう!とちゅうに出てくるトンネルは、ヘッドランプを頭につけてくぐりぬけるよ!さぁ、出発進行!                       
                                       

1月26日(土)
3.はじめてのかわあそび! 7.はじめてのゆきあそび!!
ライフジャケットをつけて、川あそびにでかけてみよう!足のとどく川で、さわがにをさがしたり、小さな魚をとってみたり、ぷかぷかうかんでみたり!川の自然も楽しいぞ!
                                         
10月8日(祝)
ゆきだるまをつくったり、そりですべってみたり!雪のおうちや、すべりだいを作ってみたり!雪のしぜんであそんでみよう!アイスクリームも作るよ!!
                                      
3月2日(土)
4.ピーナッツほりにちょうせん! 8.てづくりおかしパーティー!
春に行った畑に、今度は秋に行ってみます!秋は、ピーナッツのしゅうかく!土にうまっている根っこを引っ張ると、ピーナッツがざくざく!まわりの自然でもあそぶぞ!
                                          
さいごは、みんなで、アウトドアでおかしをつくってパーティーです!ケーキに、ゼリー、クッキー、フルーツポンチ!!おいしそうだぁ〜!!


                                         
 
ジュニアコース(小学生3年生、4年生〜中学生)  
通年コースに1期以上在籍した小学3年生、小学4年生〜中学生(4年生以上はどなたでも参加できます)
日帰り+宿泊型 より大きく心を揺らす!チャレンジングな体験へ!
                                  自分の可能性を発見する経験!〜
「ジュニアコース」は、日帰り+宿泊の時間を活かし、より大きく心を揺らすチャレンジングな活動に、仲間と生活
   をともにしながら挑戦していく1年間です。お子様の持つ好奇心、創造心、挑戦心を充分に発揮し、1年間挑戦し
   ていくことから、自分の可能性、自分と仲間との関係のありようについて、経験から発見していきます。
2018. 5月12日(土) 11月17日(土)〜18日(日)
1.イブキヤマ・トレッキング! 5.オーバーナイトハイク!
琵琶湖の前にそびえたつ大きな山「伊吹山」の山のぼりに挑戦です!地図を片手に、みんなでペースをきめて、さぁ、高い頂上めざして出発だ!!
                                 
 
6月9日(土)            
真っ暗な夜のハイクに挑戦です!夜食をもって、ヘッドランプをつけて、みんなでひらかたから海をめざそう!!ゴールの海で、朝日を見るぞ!!
                                       

12月15日(土)〜16日(日)
2.びわこカヤックショートツーリング 6.グループ・ビバーク!
みんなで湖に出かけて、カヤックをこいでみよう!パドルを手にもって、こぎ方をおぼえたら、ショートツアーにも挑戦だぁ!うまくこげるかな?!
                                                                             
                       
9月1日(土)〜2日(日)
森の中で、テントなしでの野外泊(ビバーク)に挑戦です!みんなで、一夜かぎりの家を作ったり、基地を作ったり!本当にひと晩、そこでねるぞー!!
    
                                       
1月19日(土)
3.チャレンジ沢のぼり探険! 7.スノーシューしりすべりハイキング!
美しい沢で、沢あそび&沢のぼりに挑戦です!!天然シャワーをあびながら、ザブザブ沢の中を進んで沢を探険するぞ!!もちろん、キャンプにも挑戦だ!!
                                                     
                                        
10月20日(土)〜21日(日)
深い雪を歩くための道具「スノーシュー」をはいて、みんなで雪の原生林の小山へでかけよう!さぁ、雪の小山を探検!もちろん帰りは、全部しりすべりだ!

                                        
2月16日(土)〜17日(日)
4.おんせん掘りキャンプ!! 8.スノー・キャンプに挑戦!
夏もおわり、ジュニアコースもいったん休憩です!?みんなで、天然温泉にでかけ、疲れをいやしましょう。でも、温泉はスコップで自分でほるんだゾ!
                                          
雪の中でのキャンプ「スノーキャンプ」に挑戦です。雪の上に、テントをはって、雪のテーブルや雪のかまども作って、雪あそび&雪の生活のはじまり〜!!
                                         
 
 
■子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」®
16期(2018年度) 通年コース ごあんない
Adventure Kids School Home Page                             | HOME |  通年コース | プログラム活動報告これからのプログラム | アドベンチャーキッズスクール
   
子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」

                   通年型   自然体験プログラム   ごあんない
  2005年度(社)日本青年会議所 人間力大賞「文部科学大臣賞」受賞
いつでも、子ども達に、"心揺れる体験”を!
     けいぞくして、れんぞくして、くりかえして、いろんなことを、じぶんでやってみる、みんなとやってみる、こころのゆれる1ねんかんのこどもの「ぼうけん」。
 
アドベンチャーキッズスクール 通年コース (2018年5月〜2019年3月)              2018年度>申込要項
                                         日帰り型>リルコース(年長〜1年生)キッズコース(2〜6年生)ミドルコース(3〜6年生)
                                  宿泊+日帰り型>ジュニアコース(小3※、小4〜中3)チャレンジ隊(小4〜中3 ※
   
1年間の自然体験プログラム(通年コース)は、1年間8回の活動を、同じ班で子ども達がチャレンジしていきます。
1年間同じ班で行なう事で、成功、失敗、試行錯誤をくり返しながらお互い学びあい、次の活動にトライしていきます。
季節ごとの様々な自然の中での活動が詰まった1年間です。 
キッズコース(小学生2年生〜6年生)  
日帰り型 みんなでやってみる!自分でやってみる!!挑戦してみる経験!
「キッズコース」は、山や川、海、雪などの自然の中でのワクワク・ドキドキする活動に、みんなでやってみる、自分でやってみる、挑戦してみる1年間です。お子様方の溢れんばかりの挑戦心、好奇心、創造心を存分に発揮し、自分、自分達でやってみる、やりきってみることから、豊かな心と、自分の可能性を育んでいきます。
2018.6月10日(日) 11月11日(日)
1.キッズ登山隊出発!!! 5.火おこしあそびに挑戦!!
さぁ、みんなで山のぼりに挑戦だ!どんどん、坂をのぼって、高い、高い頂上めざせ!!山の上からは、いったいどんな景色が見えるかな?キッズ登山隊出発!!
  
7月8日(日)            
木をこすりあわせて火をつける火おこしや、大きなたき火、小さなたき火作り!キッズでは火という自然で遊びます!できた火はドラム缶ぶろや色々なものにつかうぞ!
                                      
12月9日(日)
2.おもいっきり沢あそび!! 6.チャレンジウォーク!
みんなで、沢あそびに挑戦だ!天然のすべり台や、天然ウォータースライダー、天然プール!沢をジャブジャブ沢のぼり!おもいっきり沢あそびのはじまりだ!!
                                         
9月8日(土)〜9日(日)
15kmという長いきょりを、自分の足であるききるチャレンジ、チャレンジウォーク!大きなチャレンジ、ぜったいにゴールまで、いくぞー!
                                       
2月2日(土)〜3日(日)
3.シュノーケリングキャンプ! 7.雪あそびチャレンジ!!
おもいっきり海あそびに挑戦だ!砂浜の海!磯の海!シュノーケルをつけて魚を探したり、生き物をとったり、つりをしたり!さぁ、海であそぶぞ!
                                         
10月14日(日)
かまくら作り!ソリあそび!雪の森のたんけん&しりすべり!つらら探し!アイスクリームつくり!さぁ、自然の雪原と、森で、とことん雪であそぶぞ〜!!                   
                                       
3月3日(日)
4.木あそびに挑戦! 8.ファィナル・パーティー!
秋の森で、木あそびに挑戦です。ツリークライムやひみつきち、ブランコ作りにダーザンロープ!木とロープを使って、とことん木とあそぼう!!
                                          
最後は、みんなでアウトドアで料理を作って、パーティーです!子ども達で、火おこしや、料理まで、ぜんぶやってみる!!おいしいパーティーのはじまりだぁ!
                                          
 
チャレンジ隊(小学生4年生〜中学生)  
ジュニアコースに1期以上在籍した小学4年生〜中学3年生
宿泊型 〜仲間とともに、より大きな目標を達成していく体験へ!
                                                   大きくチャレンジし、自分の可能性に気づく経験!〜
「チャレンジ隊」は、これまでの経験と宿泊型の時間を活かし、自分達で、より大きな目標を達成していく1年間で
   す。お子様が持つ、大きなチャレンジスピリッツ、心の豊かさを存分に発揮し、仲間とともに大きくチャレンジしてい
   く過程から、自分の可能性について、自分のありようについて、経験から学んでいきます。
2018.6月16日(土)〜17日(日) 12月22日(土)
1.大山1710mチャレンジ!! 5.ロッククライミング!
よんで字のごとく大きな山、大山(1710m)の登山に挑戦です!ほうき富士ともよばれるこの美しい山。さぁ、1500mをこえた世界へ頑張っていくぞ!!
                                                      
7月14日(土)〜15日(日)            
天然壁のロッククライミングに挑戦です!岩の最上部めざして、ネバーギブアップの全力トライ!自分の限界に挑戦のチャレンジ隊のロッククライミング!
                                       
.2月23日(土)〜24日(日)
2.のんびりカヤックツーリング 6.XCスキーに挑戦!!
四国の海と川で、のんびりカヤックに挑戦です!!内海をカヤックでツーリングしたり、ゆったりした川のツーリング!自然満喫のんびりカヤックに出発!だぁ!

9月15日(土)〜17日(祝)
歩くスキーこと、クロスカントリースキーに挑戦だ!自然を、歩くスキーで進み、下り坂はもちろんすべって進む!スキーがはじめてでも大丈夫!新たな事に挑戦だ!
                                       
3月16日(土)〜17日(日)
3.MTB 四国ツーリング! 7.42kmチャレンジハイク!!!
淡路島をスタートに、関西を出て、四国の高松まで、MTBでのツーリングに挑戦です!地図を見ながら、みんなで行くぞ!道をまちがえるなよー!! 
                                         
11月24日(土)〜25日(日)
チャレンジ隊の最後は、大阪湾から泉南までの42kmオーバーナイトハイクに挑戦です!ジュニア時代の経験を活かし、最後は大きな大きな事を成し遂げるぞ!                          
                                        
4.ソロ・ビバーク!! ※前年度までに「42kmチャレンジハイク」を修了した方は、第7回活動「42kmチャレンジハイク」では、再度チャレンジすることと、初挑戦のメンバーがチャレンジするバックアップに取り組むことと、どちらか選ぶことができます。
                                         
ソロは、(ひとりで)、ビバークとは(野宿)のこと!ソロビバークでは、自分だけの泊まれる物を作って、一夜を過ごすぞ!ごはんも、ひとりでチャレンジだ!!
                                          
 
2017年度チャレンジ隊 42kmチャレンジハイク!「42km制覇!」
カヌー画像
クロスカントリースキー画像
登山チャレンジ画像
トレッキング画像
沢のぼり画像
MTB遠征画像
秘密基地画像
海画像
雪画像
2018年度通年コースパンフレットPDFはこちらから
(通年コース:14.9MB)

同PDFでは、会場の詳細は,割愛しております。

2018年度通年コースパンフレットPDFはこちらから
(通年コース:14.9MB)

同PDFでは、会場の詳細は,割愛しております。